バレエ留学と言ってもさまざま

バレエ留学と言ってもさまざま ひとくちにバレエ留学と言っても、さまざまです。
大まかに期間で分けた場合、1年以上の長期間の場合と、春休みや夏休みを利用した短期間とに分けられます。
長期間は、将来プロのダンサーになることを目指して、芸術系大学の舞踊専攻で学んだり、専門学校へ進学したり、バレエスクールに進学したりするものです。
入学時の年齢や条件、卒業までの年数や取得できる資格、卒業後の進路は、学校によりさまざまです。
どの国を選ぶにも、教育制度が日本とは異なっていますので、留学前の綿密な下調べと、進学先の国の語学とが、重要になります。
1週間から2カ月程度の短期間の場合は、比較的気軽に参加できます。
世界的に有名なスクールやバレエ団が、有名なダンサーや教師を招いてを開催するワークショップに参加します。
本場のレッスンを受けられるだけでなく、海外の雰囲気に慣れることができるので、まずはこの短期間のプログラムに参加してみてから、長期間の進学先を決める方も多いです。
また、コンクールによっては、参加者を対象にサマースクールなどを開催していたりします。
コンクールで実績があるなどの優秀なダンサーなら、学費免除などのスカラシップを受けられる場合もありますよ。
また、学校に通うのではなくて、1週間から数か月程度海外に滞在して、プライベートレッスンを受けるタイプのものもあります。
ワークショップとスケジュールが合わない場合や、コンクールやオーディション前に集中レッスンを受けたい方などが行います。
この他、短期間語学とバレエのレッスンとを組み合わせて学ぶ形の留学もあります。
いずれにしても、ご自分に合った留学先選びには、事前の情報収集が大切です。

バレエ留学はまず興味のある国から!

バレエ留学はまず興味のある国から! バレエ留学を考える際には、まずどのような国・学校に留学するのかと言うところを考える必要があります。
その時多くの人が考えるのはやはりバレエに関してレッスンが熱心であるところやレベルの高いところなど、評判のいいところを選びたくなると言うのは普通です。
特に本格的なレッスンを受けたいという場合にはやはりレベルの高いところに留学したいと考えるのは当然なので、そのような国を選びたくなると言うのは一般的な心理です。
ですが例えばちょっとした趣味でバレエ留学をしてみたいと言う場合などの気軽なものである場合にはそこまで考える必要はなく、むしろ興味のある学校や国で選ぶということも大切だとされています。
と言うのもどんなに評判がいいところであってもその国に行くということは一時的にでも生活の基盤がその国に移ってしまうので、まずはその国の風土や習慣が自分に合っていないと生活を続けていくことが苦痛になってしまいます。
なので少しでも興味のある国を選んでおけばその国の風土や習慣を勉強することができますし、自分に合っていないという場合でも興味の有無によって楽しめるかどうかと言うところが異なってくるのでバレエ以外の部分で重要なポイントになっているのです。

ダンス学ぶならこちらのダンス教室

新着情報

◎2017/7/26

女の子のバレエの情操教育
の情報を更新しました。

◎2017/5/23

バレエに取り組んでいる人
の情報を更新しました。

◎2017/2/2

どんな人達にバレエは向いてるの?
の情報を更新しました。

「バレエ 興味」
に関連するツイート
Twitter

出勤準備をしながら途中から観ている。バレエ学校の校長先生は身長や外見だけではなく、それぞれの努力に応じて役を与えている…それぞれの若者の思惑や覚悟が興味深い。 ドキュメンタリー - BS1スペシャル▽バレエの王子になる!“世界最高峰”ロシア・バレエ学校の青春 nhk.or.jp/docudocu/progr…

バレエ自体は全く興味がないんだけどワガノワのニコライ・ツィスカリーゼ校長先生のキャラが素晴らしすぎて傾倒してる…

バレエ・アム・ラインのInstagramのストーリーで今回の公演の袖からの映像や、舞台裏の様子がかなりたくさんあって興味深いです。日本の宣伝もこういうの利用すれば良かったのに、と思いました。instagram.com/ballettamrhein…

#このタグ見た人は音楽歴晒せ 4歳〜12歳:ピアノ 5歳〜20歳、27歳〜断続的に今も:クラシックバレエ 20歳〜22歳:アットホームな軽音サークルでたまにキーボード弾いたり歌ったり 音楽に限らずだけど、自分が「する」側で興味が尽きないのはバレエ。 どっか行っても結局バレエに帰ってきてしまう。

バレエ・アム・ライン、予習していったけど消化しきれなかった…でもTLで言われてるほどは悪くなかったし、感動には至らないものの興味深かったので、やはりあの価格設定とマーケティング戦略を誤ったのかな。客席がどれくらい空いてたかというと、休憩時間にまったく並ばずトイレに入れたくらい

返信先:@Pathixe_Tukishi 「嬉しいのだわ!たくさんたくさん練習しましょう!」 一生懸命覚えようとしますね〜 「こちらこそ!バレエ興味を持ってもらえて嬉しいのだわ!」

バレエ・アム・ライン「白鳥の湖」昨夜と今夜。バレエとして興味深いだけでなく音楽がすごく楽しかった。指揮の小林資典さんがダンサーの身体と共振し、その振幅を増幅させながらチャイコフスキーを繊細かつ大胆に奏でていました。互いに手を取り合うバレエと音楽…この2日間ですっかり小林ファンに。

#ハートビート 訓練されたバレリーナであるキーナン・カンパが、ルビー役の第一候補として選ばれた時、監督たちは彼女に演技に興味あるかどうかコンタクトを取ろうとした。しかし当時彼女は病院にいて、尻部の手術からの回復中だった。彼女はバレエに復帰する為に1日に3回もリハビリが必要だった。 pic.twitter.com/hr7WzyU0VK

今日はパリアメ🇫🇷 最近バレエを習い始めた娘、それらしくポーズ🎵 私もそれまではあまりバレエって興味なかったけど、娘のおかげで色々興味持って観ました。 #パリのアメリカ人 pic.twitter.com/EC2l08zkCb

別にあたしラグビーもオリンピックも嫌いなわけじゃないわ。貴女がおミュージカル観ないようにあたしもスポーツ観戦にこれっぽっちも興味がないだけ。それに公的資金投入するのはなぜ?って思うだけ。だったらバレエやオペラがもっと気軽に観られる社会を作ってよ。と思うだけ。